2006年01月05日

日本音紀行 サウンドスケープ(音の風景) W

mahaka1.jpg 音から探る列島の魅力 もう一つの風景

残したい日本の音風景100選

広島県 @千光寺鷺音 A平和の鐘
山口県 @山口線のSL A関門海峡の潮騒と汽笛
徳島県 @鳴門の渦潮 A阿波踊り
香川県 @お遍路さんの鈴と大窪寺の鐘 A満濃池のゆるぬき
愛媛県 @道後温泉振鷺閣の刻太鼓
高知県 @室戸岬・御厨人窟の波音
福岡県 @観世音寺の鐘 A博多祇園山笠
佐賀県 @唐津くんち A伊万里の焼き物
長崎県 @山王神社の被爆のクスノキ
熊本県 @通潤橋の放水 A五和の海のイルカ
大分県 @小鹿田皿山の唐うす Aえびの高原の鹿
宮崎県 @三之宮峡の櫓の轟 Aえびの高原の鹿
鹿児島 @出水の鶴 A千頭川の渓流とトロッコ
沖縄県 @エイサー A後良川の亜熱帯林の生物
                          広島県〜沖縄県
    
posted by asaborake at 00:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

だて男

gaudi.jpgジェノバからの国際列車は、明け方、スペインの
バルセロナ駅に静かに滑り込んだ。雪が舞っていた。温暖なカタロニア
地方では、近年にないことだそうだ。
 三千夫は、午前中に駅近くの『ピカソ美術館』と『コロンブスの船』を
見学したあと、正午近くに、海の幸専門の小奇麗なレストランに入った。
日本の寿司屋のそれよりひと回り大きいケースの中に、地中海産の魚介類
が行儀よく並んでいる。
 三千夫はエビや魚や白ワインなどをなどを、約一万円の続きはこちら→★

スペイン断章〈上〉歴史の感興集英社文庫    ドン・キホーテ〈前篇1〉岩波文庫
posted by asaborake at 20:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。