2005年10月06日

対米協力一辺倒やめ

独自のアジア外交

(前略)日本人として省察すべきは、日本がG4として提出した国連改革案を支持した国において、アジアの国といえるのはブータンとモルディブ共和国だけだったという事実である。

ドイツがフランス、ポーランド、ベルギー、チェコなどの近隣諸国の支援を引き寄せていたのと対照的に、アジアでの日本の孤独を際立たせた。

戦後60年の夏に、日本のアジア外交の希薄さを思い知らされた瞬間であった。

 朝日新聞 05/10/6 朝刊     人気blogランキング♪♪(感謝・感激)

2005年10月04日

日本人の特性

北方系モンゴロイド

北方系モンゴロイドの影響を受けた日本人は協調性が高く、攻撃性は低い。
穏やかで慎重だが大きく重い脳を持つため、ネオテニー幼形成熟)による
長い少年期が学習能力の高さに結びつく。

ポストゲノム時代の人間の特質を脳科学の立場で読み解く澤口俊之・北海道
大学教授は、そんな新しい日本人像を描く。

  朝日新聞 05/9/29 朝刊 天声人語  →ネット社会、その光と闇を追うー

アメリカのライフスタイルを始め、世界の文化が持つ様々な魅力を。

posted by asaborake at 23:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月26日

郵政民営化の是非と小選挙区

2004-0629-1211.jpg(前略)先日あった総選挙での300小選挙区の票数のことである。

自民、公明両党の候補者の得票数を合計すると、ざっと3350万票だった。
一方、民主、共産、社民、複数の新党や無所属を全部合わせると3450万票を超えている。
なんと、100万票も与党より多いではないか。
       ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥
でも与党の議席占有率ほど、民営化の民意が強くないのは確かだ。
小選挙区制は死票が多い分、民意のわずかな違いが大きな議席の差を生み、政治を一気に動かしていく。
12年前、カナダで約150あった与党の議席が2に激減した例もある。
とはいえ、民意を一方向に束ねたような今回の結果には改めて驚いた。

  朝日新聞 05/9/26 朝刊 天声人語  ネット社会、その光と闇を追うー
  人気blogランキングへ♪>(三拝九拝)
                 映画を好きな方は→(登録無料) CinemaNow Japan

テクノラティプロフィール
posted by asaborake at 13:48| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

9.11総選挙対談

マニフェストは根付いたか

北川正恭「与党は本来公約を達成したかどうかの業績評価をされる立場にある。                     他方、野党は、『われわれが政権をとったらこうします』と訴えて、業績評価ではなく、期待票を集める立場だ。
 しかし首相は『郵政民営化は是か非か』という二項対立の図式を持ち出すことで、悪く言えば、審判を受けるべき自身の業績を全部後ろに隠してしまった。
 加えて『我々が民営化します』ということで、与党なのに、期待票を集める選挙に変えた。
 巧妙な手法だが、有権者は業績を全般的に評価するべきだろう。」

朝日新聞 05/9/2 朝刊  ネット社会、その光と闇を追うー
posted by asaborake at 01:16| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

キーワードで考える戦後60年

ba_vortex.gif○戦後の冷戦期、日本が戦争と無関係でいられたのは、米ソの対立構造があって、彼らが「世界を人質にとった綱引き」をしていたからだ。
○それともう一つ、戦中派の政治家の腹芸の力があった。
・それがある時、親の世代の腹芸にいらだったニューリーダーたちが物事を動かすようになってきたころから「○か×か」で物事を判断したがるようになってきた。
○しかし、そうした風潮に流されるのは危険だ。
・我々の歴史的立場からしても米国的な思考からは距離を置くほうが正しいのだろうし、それが日本人としての《生きる知恵》ではないか。
・今の米国が身をもって証明しているように、「撃たれる前に撃つ」は無間地獄への第一歩なのだから。
            福井晴敏 朝日新聞『アイデンティティー』05/8/17 朝刊
posted by asaborake at 19:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月12日

歓迎!○崎○平様 レストランin丸の内ホテル

Rom-trevi-mitte.jpeg「人生は楽しかばい。思うとった通〜りになったたい。」
20余年ぶりにお目に掛かった先輩は、豊かな前髪を両手でかき
上げながら、喜色満面でおっしやいます。
夢も野望も気合も、まだまだ十分!生き延びるために一時祖国
を脱出する、とも。
誕生日基準では当平さんと今同年らしいが、何やら叔父さん世代
と対面している気分。
  ←いにしえに迷う                     行雲流水のごとく
posted by asaborake at 14:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。