2006年06月11日

戦争は総括できたのかE

‥‥あの戦争を自衛戦争だったと正当化する意見もありますが、それは東京裁判を受け入れた上に成り立つ戦後の日米体制と矛盾しませんか。
現在の米国は、保守派が非常に強くなって、ナショナリスティックな国になっています。                                   ブッシュ政権はそういう性格が色濃いと思います。                                                              米国の保守派は、日本に憲法9条を改正して、もっと軍事的な役割を果たして欲しいと考えている。

その意味では、日本の保守派と目標を共有しています。

それを進める一つの方法が、日本の戦争責任や過去の問題をあいまいにして、日本国内の軍国主義批判を弱めることなのではないでしょうか。
戦争の記憶が薄まることは、双方の保守の利益になるというわけです。ブッシュ政権は、、日本が軍事的役割の増大に応じる限り、首相の靖国参拝には異議を唱えないということではないでしょうか。

posted by asaborake at 10:40| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19115284
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。