2006年06月04日

戦争は総括できたのかB

裁判は多くの欠点を抱えています。
一方、日本がアジアを侵略したことは事実です。
日本はアジア諸国に膨大な被害を与えました。
裁判に欠点があるからといって、日本の指導者がその責任を逃れられるワケではないのです。

‥‥裁判の欠陥は、日本の過去を正当化する理由にはならないということですね。
戦争責任は、東京裁判の問題よりも、もっと大きな問題なのです。
しかし、東京裁判の問題は、そうした責任をあいまいにしてしまったことです。
米国は占領を円滑にするために昭和天皇を利用しようとして、訴追しなかった
当時の日本の保守派の間ですら、天皇免責はおかしいとする意見がありました。
天皇の名の下に行われた戦争で、天皇が免責されたら、戦争責任をどう考えたらいいのか分からなくなります。 
                       こちらもどうぞ ⇒ ネット社会、その光と闇を追うー   エッセー集

posted by asaborake at 11:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18817188
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。