2006年05月19日

東京裁判の欠点@

東京裁判には、どんな欠点があったのですか−−。
 
たとえば、被告の選定に問題がありました。
原爆投下を含め連合国側の行為は裁かれませんでした。
天皇は起訴されず、証人にも呼ばれなかった。
判事は戦勝国だけで構成されていた。

彼らがどうやって結論に至ったのかも不明です。
インドのパルやオランダのレーリンクのような優れた判事もいましたが、
米国が派遣した法律家は、2流や3流の人たちでした。

また、侵略戦争を理由に訴追することは不可能だと思います。
だれが何を侵略と定義するかというのが、問題になるからです。
定義するのは、常に勝者ということになる。
あの裁判はプロバガンダの色が濃く、法律的にはきわめて疑わしいものでした。

   ○リチャード・マイニア教授に聞く、 『東京裁判とは何だったのですか
posted by asaborake at 18:03| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18033071
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。