2006年04月19日

日本を世界に誇る美の国にC

日本は国のかたちを変えるとき、奈良→平安→鎌倉→室町→江戸のように権力の所在地を変えてきた。
近年は、那須・阿武隈地域が首都機能移転先の有力候補地に挙がっている。これは、決して悪くない選択である。
その場合はどうなるか。

この地域は森の州と野の州のほぼ境目にあり、古来、日本人は、そのような土地に、森を大切にする鎮守の気持ちをこめて社をつくった。
同地域に首都機能を移せば、鎮守の森の都となろう。
これは富国強兵的であった東京集中時代の見直しの象徴となるだけでなく、森が日本のシンボルとなることで、環境重視の姿勢を新たな次元で世界に伝えていくことを可能にする。

こちらへどうぞ⇒ネット社会、その光と闇を追うー / こちらもどうぞ⇒エッセー集
posted by asaborake at 01:53| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16750457
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。