2006年04月14日

人生の1断面を切り取る短歌

傷つけた ことよりずっと ゆるされて いたことつらく 椿は立てり ・江戸 雪
朝日新聞 2006年4月9日 『折々のうた』
posted by asaborake at 10:43| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。