2005年12月30日

日本音紀行 サウンドスケープ(音の風景)U

simaaojiDSCN1680m.jpeg 音から探る列島の魅力 もう一つの風景

「残したい日本の音風景100選」 環境省

群馬県 @水琴亭と水琴窟
埼玉県 @荒川・押切の虫の声 A川越の時の鐘
千葉県 @樋橋の落水 A麻綿原のヒメハルゼミ
東京都 @柴又帝釈天と矢切の渡し A上野の山の時の鐘 B三宝寺池の鳥と水と木々
      C成蹊学園のケヤキ並木
神奈川 @川崎大師の参道 A横浜港新年の汽笛 B道保川公園のせせらぎと野鳥
新潟県 @福・潟のヒシクイ A尾山のヒメハルゼミ
富山県 @称名滝 Aおわら風の盆とエンナカ水音 B井波の木彫り
石川県 @本多の森のセミ時雨 A寺町寺院群の鐘
福井県 @蓑脇の時水
山梨県 @富士山麓・西湖畔の野鳥
長野県 @善光寺の鐘 A八島湿原のカエル B塩嶺の小鳥
                                        群馬県〜長野県 
posted by asaborake at 22:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

日本音紀行 サウンドスケープ(音の風景)T

yun_117.jpg  音から探る列島の魅力

「残したい日本の音風景100選」 環境省
 
北続道 @オホーツク続の流氷 A大雪山旭岳の小動物 B鶴居のタンチョウ
      C札幌の時計台 Dハリスト正教会の鐘
青森県 @小川原湖畔の・鳥 A奥入瀬の渓流 B八戸港・蕪・のウミネコ
      Cねぶた祭とねぶたまつり
岩手県 @チャグチャグ馬コの鈴 A水沢駅の南部風鈴 B碁石続岸と雷岩
宮城県 @伊豆沼・内沼のマガン A北上川河口のヨシ原 B宮城・のスズムシ
      C広瀬川のカジカガエルと鳥
秋・県 @風の松原
山形県 @最上川河口の白鳥 A松の勧進のホラ貝 B山寺のセミ
福・県 @福・市小鳥の森 A大内宿の自然用水 Bからむし織のはた音
茨城県 @五浦続岸の波音
栃木県 @太平山あじ造い坂のカエル

                   北海道〜栃木県
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
 無料で本を出してみませんか。詳細はこちら蔵電子書籍の「でじたる書房
posted by asaborake at 20:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

社会を映す「ラベリング」

kazetotomonisarinu.pngニート」や「フリーター」「オタク」など、社会現象をこんなひと言でくくると、時に本質が見えやすくなる。
ラベリング」という。
学校にも行かず、仕事探しもしない若者の社会問題も、ニートという言葉で、広く認識された。
その変遷をたどると、日本の社会が向かう方向が浮かび上がるようだ。
1985年‥‥新人類
  86年‥‥DINKS(Double Income No Kids)
  87年‥‥フリーター
  88年‥‥オタク
  89年‥‥三高(高学歴・高収入・高身長)
  90年‥‥バブル崩壊

  92年‥‥就職氷河期、少子社会
  93年‥‥コギャル(顔などを黒く日焼けし、髪の毛を茶色に染め、
                   露出度の高い服を着た女子高生)

  95年‥‥アダルトチルドレン(子供らしい時期を経ないで大人になった人たち)
  96年‥‥援助交際(実質売春)
         ストーカー(特定の個人に異常なほど関心を持ち、その人の意思に
                反して跡を追い続ける者。)
  97年‥‥学級崩壊
  98年‥‥中高年自殺、キレる若者、社会的引きこもり
  99年‥‥学力低下、パラサイトシングル (和製) parasite+single
2000年‥‥ジコチュー(自己中心)、不平等社会
  01年‥‥できちゃった結婚
  
  04年‥‥負け犬、ニート(Not in Employment, Education or Training)
         勝ち組・負け組
  05年‥‥ヒルズ族、萌え、下流社会
 
 朝日新聞 05/12/24 朝刊    こちらもどうぞ⇒いにしえに迷う       
              
posted by asaborake at 20:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人は何によって他人を評価するか

人が他人から受け取る情報の割合は
話す言葉の内容          7%
見た目・身だしなみ・仕草・表情 55%
の(質・大きさ・テンポ)     38%
メラビアンの法則
アメリカの心理学者、アルバート・マレービアン博士の研究による。

☆人は他人を中身より、外見で判断するようです。
 ・小泉人気が衰えないカギがこの辺にあるのかな
 ・発言は空疎だけど、何かをやってくれそうな風貌(国内に限ればいろいろやってる)

    ソフトバンクが、日本初の電子雑誌 Manyo」創刊!
posted by asaborake at 00:17| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 心のありよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ボケ防止に7つの習慣

__tn_.jpg◆ボケ防止に効果が期待できる生活習慣や趣味
1.散歩を日課にする
  つま先を意識して歩くと、ふくらはぎのポンピング作用が働き、血流が良くなり脳を活性  化する
2.日記を付ける
  毎日書くことで右脳と左脳を刺激
  過去に書いた日記を読み直すことで、成長している自分を再発見できる
3.恋愛をする
  気に入った異性がいると、おしゃれや会話の話題に気を使うようになり、、ニュースや流  行に敏感になる
4.料理を作る
  メニューや段取りを考えることで脳を刺激する
5.旅行の計画を立てる
  見知らぬ土地へ行くことが刺激になるうえ、鉄道やバスなどの乗り継ぎなどを考えること  が、脳を活発にする
6.社交ダンスをする
  音楽に合わせて踊ることで脳が活性化する
  相手を次々に替えることも効果的だ
7.囲碁・将棋・マージャンをする
  手と頭を使うゲームは脳の刺激になる
  仲間と一緒に楽しめるので長続きする
                         日本経済新聞 05/12/18朝刊『セカンドステージ』
 比較ができる!高齢者のすまい探し
posted by asaborake at 18:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 心のありよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月12日

アジア外交 積極的平和構築を国是に

海底資源争奪 プーチン大統領が来日したにもかかわらず、北方領土問題には、何の進展も見られなかった。
APEC首脳会議を利用して、昨年まで2年続いていた胡 錦濤国家主席との日中首脳会談も、今年は実現しなかった。
日韓間の竹島問題、日中間の海底資源問題も棚上げ状態である。
挫折した国連安保理の常任理事国入り運動では、恥をかいたとの感を免れない。
日本外交は、逼塞感に覆われたまま越年しそうな気配だ。
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥(中略)‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥
現在、先進国が国益を考える場合、常に国際協調を前提にする国家観が支配的になったと言っていいだろう。
地球的、あるいは地域的な秩序をともに作ろうというのだから、周辺諸国との関係を損なわないよう配慮するという考えが、当然不可欠になる。
強調したいのは、日本が今後進むべき新たな方向は、こうした国際協調の理念に基づくべきだということである。

     朝日新聞 『私の視点』 西原 春夫
posted by asaborake at 14:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

ロード・オブ・ウォー、Lord of War

imo_lord_of_war.jpeg昨夕、ニコラス・ケイジが「死の商人」を演じる『ロード・オブ・ウォー=Lord Of War』の試写会に出かけました。

史上最強の武器商人」と呼ばれた男の半生記。
○南米や中東、アジア、アフリカなどの紛争地に姿を見せては敵・味方の区別なく武器を売りつけ、「これが我々の国際主義」とうそぶき、巨万の富を手にする。

・だが、リベリアでの密売交渉中に近くで難民が虐殺されている光景を目の当たりにした弟は発狂し、自分たち家族の贅沢三昧の生活が血塗られた武器密売の上に成り立っている事実を知った妻は、まだ幼い息子とともに家を出る。

○終幕に印象的な文言が−。
史上最強の武器商人」が1年半かけて死に物狂いで売りつけた武器を、彼を追い詰めた捜査官のボス(米国大統領)はたった1日で捌いている、と。
・国連の安全保障!理事会の常任理事国は大なり小なり同じようなことをやっている、と。

☆現今の世界情勢を政治や経済や文化・宗教といった表からではなく、武器の密売という裏から切り取った大作です。
・監督のアンドリュー・ニコルによると、米国資本抜きで制作し、「政治のタブーや暗黒面に迫ることができた」。                                                           《12月17日よりロードショウ》
‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ ‥ 
          楽しい世界の映画配信CinemaNow Japan(登録無料)


posted by asaborake at 01:34| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(23) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。