2005年09月27日

現代に生きている『君主論』

 君主が権力を掌握するには何が必要か

マキャベリ曰く
「人間は一般に自ら事物に直接接してそれを判断するよりも、遠目に見ただけで判断する」
「大衆は、事柄を外見とその結果とからのみ判断するものだ」
「君主は野獣と人間を巧みに使い分けることを知る必要がある。
     (中略)野獣の中でも狐と獅子とを範とすべきである」       『君主論

こちらもどうぞ→ネット社会、その光と闇を追うー     過去から現在へ、そして未来へ
           道に迷って文明比較            ピーちゃんのSEO                          

楽しいことかなう。だからリステル 人気blogランキングへ>>♪♪(感謝・感激)

2005年09月26日

郵政民営化の是非と小選挙区

2004-0629-1211.jpg(前略)先日あった総選挙での300小選挙区の票数のことである。

自民、公明両党の候補者の得票数を合計すると、ざっと3350万票だった。
一方、民主、共産、社民、複数の新党や無所属を全部合わせると3450万票を超えている。
なんと、100万票も与党より多いではないか。
       ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥ ‥‥
でも与党の議席占有率ほど、民営化の民意が強くないのは確かだ。
小選挙区制は死票が多い分、民意のわずかな違いが大きな議席の差を生み、政治を一気に動かしていく。
12年前、カナダで約150あった与党の議席が2に激減した例もある。
とはいえ、民意を一方向に束ねたような今回の結果には改めて驚いた。

  朝日新聞 05/9/26 朝刊 天声人語  ネット社会、その光と闇を追うー
  人気blogランキングへ♪>(三拝九拝)
                 映画を好きな方は→(登録無料) CinemaNow Japan

テクノラティプロフィール
posted by asaborake at 13:48| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月23日

二種回向と親鸞

sinnrann1.gif近代真宗学はこの二種回向の説をほとんど説かない。
それは当然ともいえる。
なぜなら、科学を信じる現代人にとって、死後、浄土へ行くというのは幻想であり、その浄土からまた帰ってくるというのは幻想の上にまた幻想を重ねるようなものと思われるからである。

しかし念仏すれば浄土へ行き、またこの世へ帰り、また念仏すればあの世へ行き、またまたこの世へ帰るというのは、人間は生と死との間を永遠の旅をするという思想である。
この思想は、個人としての人間を主体にして考える場合、幻想に過ぎないかも知れないが、遺伝子を主体にして考える場合、必ずしも幻想とは言えない。

遺伝子が生まれ変わり死に変わりして永遠のたびをしているという思想こそ、現代生物学が明らかにした科学的真理なのである。
われわれの現在の生命の中には永遠といってもよい何十億年という地球の歴史が宿っているのである。
        朝日新聞 05/9/20 朝刊  ネット社会、その光と闇を追うー

  人気blogランキングへ♪>(三拝九拝)
                 映画好きな方は→(登録無料) CinemaNow Japan
posted by asaborake at 23:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月03日

9.11総選挙対談

マニフェストは根付いたか

北川正恭「与党は本来公約を達成したかどうかの業績評価をされる立場にある。                     他方、野党は、『われわれが政権をとったらこうします』と訴えて、業績評価ではなく、期待票を集める立場だ。
 しかし首相は『郵政民営化は是か非か』という二項対立の図式を持ち出すことで、悪く言えば、審判を受けるべき自身の業績を全部後ろに隠してしまった。
 加えて『我々が民営化します』ということで、与党なのに、期待票を集める選挙に変えた。
 巧妙な手法だが、有権者は業績を全般的に評価するべきだろう。」

朝日新聞 05/9/2 朝刊  ネット社会、その光と闇を追うー
posted by asaborake at 01:16| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。