2005年01月30日

いにしえに迷う(終章)

方向を見失ったのは、それから無難な春日大社の参道をそれ、日
ごろ親しんでいる安心感ゆえに、夜の浅茅が原に踏み込んでから
である。昼間なら、広々とした芝生に鹿たちが群れをなして遊ぶ、
のどかな風景である。また隣接する飛火野、雪消の沢、鹿苑ととも
に万葉集にも詠まれ、天平の大宮人たちに、こよなく愛されてきた
土地だ。名前からして、いかにも典雅でゆかしい。今でも、春や秋
には東大寺や興福寺などの見学に疲れた観光客や修学旅行生た
ちの絶好のくつろぎの場となる。  
夜陰に手探りながら、老松の木立の間をさまよった。時々、すぐ
近くで、鹿がかすかに動く気配を感じる。水面がかすかに光って
いるのは鷺池か、それとも荒池か。浅茅が原にいるのか、雪消
の沢なのか。夢遊病者のように、あてどなく天平の闇をいっとき
彷徨した。

そんなとき虚空に、東大寺三月堂の月光菩薩や聖林寺の十一
面観音菩薩、秋篠寺の伎芸天などが、ほの白くぼうっと立ち現れ
ては消えていった。めくるめく幻想の中で私は、なぜか母親の胎
内を想っていた。
        バラ  行雲流水のごとくへ              全文はこちら→★

大和古寺風物誌新潮文庫    東大寺大仏と大仏殿奈良の寺                                     追憶に生きる 建礼門院右京大夫日本の作家

2005年01月27日

銘酒のラベル

「美人蔵部」純米大吟醸・原酒セット小学2年生の頃から清酒のラベルを収集し、その美しさに感動していたとは、
さすがに『ひろっぺ酒場』の女主人。並みの酒豪ではない、とお見受け致します。
 主婦もかせげるパソコンで月...ノン・ブック  「美人蔵部」純米大吟醸・原酒セット
posted by asaborake at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

宝石箱

jewel_box-thumb[1].jpeg>ねぇ!誰か!この箱、譲って欲しいという人、いませんか?
≪トラックバックとは、モノを頂戴するためにある、と見つけたり≫
自分のブログに、『天下御免の物証』が残るからね。
しばらく預かっといて下さい。

ところで、かの建礼門院右京大夫は宮廷で、あるいは洛北・大原の里で
折り紙を折ったり、綺麗な花のような箱を作ったりしていたのだろうか。
どうなんですか、今右京さん?
折り紙っていつ頃からのものなんですか?
posted by asaborake at 12:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三角形の瓶に入った鶴

xmas_day_2004_0741-thumb[1].jpegどこぞでハンドルネームとして名乗っていた、そこどけそこどけ
オイラが通るといった語感のある、「○○ちゃん」のイメージと
は程遠い作品ですね。
瓶に入った折り紙「」の繊細な手仕事は感に堪えません。
posted by asaborake at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マジック ローズ キュ-ブ

rose_box_01350-thumb[1].jpeg>あなたに、このバラを差し上げます。
ありがとう。

しばらく預かっといて下さい。     【おしゃれマニア-Inbi-】
posted by asaborake at 11:58| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 工芸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

天平の清浄 HP『いにしえに迷う』から

toushoudaiji.jpegその日は朝まだき、萩の寺を発ち悲運の大津皇子ねむる、
また数多くの歌や伝説に詠まれてきた二上山に赴いた。それ
から山の中腹にある、当麻曼荼羅で名高い当麻寺の諸仏を
仰ぎ、帰りしな西の京に立ち寄った。 
千古の松林の中に、盲目の鑑真和上とともに静かに息づいて
きた唐招提寺。 その、古の余香しみわたる伽藍の清らかなたた
ずまいと、境内に敷き詰めらた白砂を踏みしめる時の、生命を洗
われるような                         全文はこちら→★
 ←こちらもどうぞ              

○ちかづきて あふぎ みれども みほとけ の みそなはす とも あらぬ さびしさ
   近づきて 仰ぎ見れども み仏の みそなわすとも あらぬ淋しさ    会津八一
○大寺の まろき柱の月かげを 土にふみつつものこそ思え         会津八一
○若葉して   御目の雫   ぬぐわばや                     松尾芭蕉
 天平の甍必読名作シリーズ   天平の虹―鑑真和上ものがたりフォア文庫C 20
posted by asaborake at 11:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。